Business Network Lab

A Blog By Eight

名刺アプリ Eight の最新情報と、これからのビジネスネットワークのあり方を探求するメディア

「あなたの人脈の7割は偏っている」ハフィントンポスト日本版編集長・竹下隆一郎に学ぶ、視野を広げる技術

日々ネットで読むニュースが、興味関心のあるものに偏ってしまうように、一人ひとりのビジネスネットワークも似た分野に偏りがちだ。変化の激しい世界において、広い視野と柔軟な思考を備えるために、竹下は周囲の声に注目し、偏った人脈を耕すべきだという。

「憧れの人には会いに行かない。名刺は渡す文脈が大事」日本仕事百貨・ナカムラケンタが勧める人脈術

生きるように働く人のための求人サイト「日本仕事百貨」を運営し、さまざまな"働く"のかたちを取り上げることで、仕事と人の出会いのきっかけをつくってきたナカムラケンタ。今年4月に清澄白河に「しごとバー」をオープンした背景にある考えから、3つの「ビジネスネットワークの裏ワザ」を紐解く。

「自分の技術はすべて惜しみなく公開すべき」ベストセラー『伝え方が9割』を記したコピーライター・佐々木圭一の教え

シリーズ85万部のベストセラー『伝え方が9割』の著者・佐々木圭一が、自身の経験にもとづき、いま自分が求めている情報が自然と集まり、これまで接点のなかった人にも出会えるようになる、明日から実践可能なビジネスメソッドを明かす。

元サッカー日本代表・鈴木啓太CEOが語る、ビジネスアイデアを引き寄せる技術

サッカーに限らず日本中のアスリートの体調管理をサポートしたいと考えた鈴木啓太は、昨年10月に起業し、腸内フローラの解析事業を立ち上げた。その過程では、サッカーで身につけた、外部からアイデアを引き寄せるテクニックが発揮されていた。

経理がなぜ営業より売れるのか? ビジネスマッチングの達人・福田宗就がEightの裏ワザを公開

営業の教育は一切受けたことがない。それなのに営業の誰よりも販売実績を上げている。福田宗就は「ビジネスマッチング」を極めれば、みんなが自分の代わりに営業してくれて、自分のところに有益な情報が集まるようになるという。そのとっておきの裏ワザを公開する。

「誰が何を知っているかを把握しておこう」横浜コミュニティデザイン・ラボの杉浦裕樹が語る“黒子”の仕事術

業種や専門分野、世代の壁を超えて、多種多様な人々をつなぎながらプロジェクトを成功させるには、いったい何が求められるのか。横浜で次々と注目の地域プロジェクトを立ち上げる影の仕掛け人・杉浦裕樹が、ビジネスネットワークを活用する4つの“裏ワザ”を伝授する。

「いいアイデアの9割は社外から集まる。では明日は誰と会うべきか?」石川善樹が説く、ビジネスネットワークの法則

社内でトライ・アンド・エラーを繰り返すのは時間の無駄で、社外のアイデアを拾いに行く方が明らかに効率的だという研究結果がある。では明日からいったい誰に会いに行くべきか。名刺の本質と未来を研究する石川善樹が、人脈を活かした最新のアイデア発想法を語る。

「人脈は数ではない」AERA前編集長・浜田敬子に訊く、“濃い”ビジネスネットワークをつくる企画力

人脈の価値は数ではなく、“濃さ”で決まる。濃い関係づくりに欠かせないのが、いい企画を練って一緒に仕事をすることだ。編集長を退き、新部署でメディアと企業の新しいビジネスを推進する浜田敬子が、その注目のビジネスネットワーク活用法を公開。

全352件中1-10件を表示

Step8

100万人が使う名刺アプリ「Eight」