2016年12月

トーマツベンチャーサポートの森山大器が説く、イノベーションが加速する「補完関係」の見つけ方

森山大器の仕事は、大企業、ベンチャー、官公庁の3者をつなぐことで、組織の新陳代謝を促し、激しい時代の変化に対応するべく、イノベーションを加速させること。異なる思考をもつ人や企業をつなげる上で彼が実践しているのは、「補完関係」を見つける方法論だ。

「いま大企業の若手は、会社を超えてつながるべき」One JAPAN発起人・パナソニック濱松誠の“オングラ”な挑戦

自社の看板を背負って表舞台で活動する(="オングラ"な)大企業の若手社員が、チームをつくって数十社集まると何が生まれるだろうか。大企業が保有する豊富なリソースに着目して、閉塞感が漂う日本に新風を吹き込む、濱松誠の新たなチャレンジに迫る。

Step8

100万人が使う名刺アプリ「Eight」