Eightの「シェアボタン」をリリースしました:日経ビジネスオンライン、EventRegist、PR Tableが先行導入

4月26日にリニューアルした日経ビジネスオンライン。過去記事にもすべてシェアボタンが実装されています。

Eightのフィードに、直接外部サイトのページからリンクを投稿できる「シェアボタン」を4月26日にリリースしました。

ボタン設置の公募を開始するとともに、日経ビジネスオンライン、EventRegist、PR Tableへの先行導入を発表します。

シェアボタンをリリースした背景

これまでも記事ページのURLをコピーしてEightに投稿することは可能でしたが、記事ページから直接投稿できるシェアボタンによって、さらに容易にEightの「つながっている人」に記事を共有できるようになりました。

2015年にリニューアルしたEightは、「フィード」と「プロフィール」機能を追加し、従来の「名刺管理アプリ」としての使い方に加えて、ユーザー間のつながりを深める「ビジネスSNS」としての利用法を推奨しています。ビジネスニュースをより簡単にシェアできることで、さらなるコミュニケーションの促進に期待しています。

関連記事: Eightを「ビジネスのコミュニケーション」に活用しよう

リニューアルに合わせて「日経ビジネスオンライン」が導入

4月26日にサイトをリニューアルした日経ビジネスオンラインが、メディアとして初の設置先となります。シェアボタンはサイト上のすべての記事に設置され、より簡単に記事のタイトルやサマリをEightに投稿できるようになりました。

導入を決定した経緯として、日経ビジネスオンライン編集長・池田信太朗は次のように述べています。

「日経ビジネスオンラインは、4月26日にリニューアルを実施しました。むやみにページビューを追うのではなく、経済・経営誌サイトとして国内最大規模の200万人を超える会員の『満足度』を最大化することを狙いとしています。Eightがターゲットとする、生産性向上に熱心で新しいツール導入に積極的な企業内ユーザー像は、日経ビジネスオンラインがターゲットとする、新しく確かな経済・経営情報を求めてビジネスに生す読者像、会員像と重なります。フェイスブックやツイッターなどとの連携に期待するのはサイトへの流入の『量』ですが、今回の連携に期待するのは、会員の皆様とより深いエンゲージメントを結ぶことで、読者体験の『質』を向上させることです」

EventRegistが、全イベントページに導入可能に

EventRegistが、すべてのイベントページにEightのシェアボタンを設置可能な状態にしました。導入を決定した経緯として、イベントレジスト株式会社 代表取締役/CEOのヒラヤマコウスケは次にように述べています。

「EventRegistはビジネスイベントの参加申込を受け付けるプラットフォームとして、様々なイベントや展示会・セミナーでご利用いただいています。EventRegistで作成されたイベント情報が、Eightのフィードで共有されることで、一度名刺交換をしてつながった人を通して新たなイベントの存在を発見したり、イベントで再会できる機会が増えることを期待しています」

PR Tableが各「ストーリー」に設置

PR Tableは、会社・団体の「ストーリー」各ページにEightのシェアボタンを設置しました。これまで名刺交換をした人々に投稿がシェアされるEightのフィードは、会社・団体情報の発信先としても効果的です。

導入を決定した経緯として、PR Table編集長・菅原弘暁は次のように述べています。

「PR Tableがつくるストーリーは、就職や投資、ビジネス連携など、会社・団体を選ぶ意思決定に貢献するものです。ビジネスマンがこれまで名刺交換をしてつながった人々に、簡単にストーリーを届けられる、その投稿がシェアされていくEightの仕組みは、当社事業の特性と非常に相性が良いと考えています」

設置先サイトの公募を開始

シェアボタンは、Sansanが許可したメディアのみ設置可能です。設置をご希望の際は、以下のフォームよりご応募ください。

https://contents.8card.net/share-button-entry.html

シェアボタン設置で得られるメディアのメリット

特にビジネス系のメディアは、シェアボタンを設置することで以下のような効果を期待できます。

記事がプライベートな投稿に埋もれない

ビジネス用途に特化しているEightでは、投稿が友人のプライベートな近況アップデートによって埋もれてしまうことはありません。

ビジネスの情報を求めている時に読んでもらえる

Eightは平日の昼間のアクセスが最も多く、ビジネスに関する情報を求めているユーザーが多いので、滞在時間や他のSNSへのシェア、ユーザー1人あたりの記事閲覧数の増加など、高いエンゲージメントを期待できます。

新規読者の開拓に繋がりやすい

同じ職場の人や取引先の担当者など、ビジネスにおいて共通の関心を持つユーザーから記事がシェアされるため、メディアに対して興味を持ってもらえる機会が増えます。

Step8

100万人が使う名刺アプリ「Eight」