Business Network Lab

A Blog By Eight

名刺アプリ Eight の最新情報と、これからのビジネスネットワークのあり方を探求するメディア

Takramのデザインエンジニア・田川欣哉が語る、上流の仕事術とビジネスネットワークの「エレベーター理論」

世のビジネスパーソンはほぼ全員「階数制限付エレベーター」に乗っていると、田川欣哉は言う。日本における「デザインエンジニア」の第一人者による、平面ではなく立体的にとらえるビジネスネットワーク論を紹介。

石川善樹、「最も優れたアイデアが生まれる法則」を語る。11/21(月)「Eight Fireside Chat Vol.3」開催

名刺交換とはアイデアの交換である、と石川善樹は言う。では明日誰と会えば優れたアイデアが得られるのか? その問いに答えてくれるツールはまだ存在しない。その可能性について石川が最新の研究結果を語る。今回は定員を100名に拡大し、「Tokyo Work Design Week」のスペシャルコラボプログラムとして、渋谷ヒカリエで開催。

2016.10.31
「自分にしかできない店づくりで信頼を築く」カフェプロデューサー石渡康嗣の指名を受ける仕事術

世の中には知人からの紹介だけで、話題を集める仕事を次々と実現していく人がいるものだ。ブルーボトルコーヒーやダンデライオン・チョコレートの日本展開を任された石渡康嗣もそのひとり。得意とする仕事にこだわり、それを実現するためのチームを育成する、敏腕カフェプロデューサーの「ビジネスネットワークの裏ワザ」を探る。

ロンブー淳のビジネスネットワーク論。「ぼくのたくさんの『夢』を、きっとEightはつないでくれる」

名刺交換をする機会の少ない芸能界にEightユーザーはほとんどいない。だが田村淳は例外だ。数多くの「やりたいこと=夢」を持ち、芸能界の外の人とも積極的につながり、どうにかして実現できないものかと日々挑戦している。普段バラエティ番組では見ることのできない、彼のビジネスに対する思考の一端に触れる。

地域課題をエンジニアのネットワークで解決。Code for Japan・関治之のコミュニティづくり、3つの裏ワザ

市民参加型のコミュニティ運営を通じて、地域の課題を解決するアイデアを考え、テクノロジーを活用して公共サービスの開発を行う「Code for Japan」。自身もエンジニアとして日々コードを書き続けている代表の関治之から、エンジニアならではの視点で「3つのビジネスネットワークの裏ワザ」を紹介する。

“イノベーションの学校” 東大i.schoolの横田幸信が説く、優れたアイデアが生まれるネットワークの力

理系出身の横田幸信は「“人脈”なんてやましいものだ」と思っていたが、i.schoolでビジネスネットワークの価値に気づいたという。それはシリコンバレーで学んだ大学OBの人脈とも異なる、人間中心のイノベーションを生み出すクリエイティブなつながりの力だ。

「期待のマネジメント」はしていますか? 働き方の祭典・TWDWオーガナイザー、横石崇が勧めるネットワーク術

働き方の未来をつくる7日間「Tokyo Work Design Week(TWDW)」を毎年11月にオーガナイズしている横石崇。クリエイティブ&メディア業界の企業へのコンサルティング等も手掛ける彼の仕事に対する向き合い方から、「3つのビジネスネットワークの裏ワザ」を紹介する。

「あなたの人脈の7割は偏っている」ハフィントンポスト日本版編集長・竹下隆一郎に学ぶ、視野を広げる技術

日々ネットで読むニュースが、興味関心のあるものに偏ってしまうように、一人ひとりのビジネスネットワークも似た分野に偏りがちだ。変化の激しい世界において、広い視野と柔軟な思考を備えるために、竹下は周囲の声に注目し、偏った人脈を耕すべきだという。

全377件中21-30件を表示

Step8

100万人が使う名刺アプリ「Eight」