ビジネスネットワークの裏ワザ

「ミーハー心で行動し、熱量をもった個人とつながること」分野を越境するプロデューサー・西村真里子の仕事術

貪欲な好奇心をもとに、異なる領域のプロフェッショナル同士をつなぎ、最高のステージを演出する。デザインとマーケティングの力をもとに、分野を越境した新たな価値をつくり出すHEART CATCH代表、西村真里子の「ビジネスネットワークの裏ワザ」を探る。

「信頼はタグ付けとインプットから生まれる」コラボラボ横田響子が実践するマッチング術

女性ならでの視点から新規事業や新商品を生み出す。女性起業家の活躍が注目される背景に、女性社長のネットワークをもとにした事業支援を行う横田響子の存在は大きい。1900社を超える女性社長コミュニティ「女性社長.net」を運営する彼女の「ビジネスネットワークの裏ワザ」を探る。

「自分にしかできない店づくりで信頼を築く」カフェプロデューサー石渡康嗣の指名を受ける仕事術

世の中には知人からの紹介だけで、話題を集める仕事を次々と実現していく人がいるものだ。ブルーボトルコーヒーやダンデライオン・チョコレートの日本展開を任された石渡康嗣もそのひとり。得意とする仕事にこだわり、それを実現するためのチームを育成する、敏腕カフェプロデューサーの「ビジネスネットワークの裏ワザ」を探る。

地域課題をエンジニアのネットワークで解決。Code for Japan・関治之のコミュニティづくり、3つの裏ワザ

市民参加型のコミュニティ運営を通じて、地域の課題を解決するアイデアを考え、テクノロジーを活用して公共サービスの開発を行う「Code for Japan」。自身もエンジニアとして日々コードを書き続けている代表の関治之から、エンジニアならではの視点で「3つのビジネスネットワークの裏ワザ」を紹介する。

「期待のマネジメント」はしていますか? 働き方の祭典・TWDWオーガナイザー、横石崇が勧めるネットワーク術

働き方の未来をつくる7日間「Tokyo Work Design Week(TWDW)」を毎年11月にオーガナイズしている横石崇。クリエイティブ&メディア業界の企業へのコンサルティング等も手掛ける彼の仕事に対する向き合い方から、「3つのビジネスネットワークの裏ワザ」を紹介する。

「憧れの人には会いに行かない。名刺は渡す文脈が大事」日本仕事百貨・ナカムラケンタが勧める人脈術

生きるように働く人のための求人サイト「日本仕事百貨」を運営し、さまざまな"働く"のかたちを取り上げることで、仕事と人の出会いのきっかけをつくってきたナカムラケンタ。今年4月に清澄白河に「しごとバー」をオープンした背景にある考えから、3つの「ビジネスネットワークの裏ワザ」を紐解く。

経理がなぜ営業より売れるのか? ビジネスマッチングの達人・福田宗就がEightの裏ワザを公開

営業の教育は一切受けたことがない。それなのに営業の誰よりも販売実績を上げている。福田宗就は「ビジネスマッチング」を極めれば、みんなが自分の代わりに営業してくれて、自分のところに有益な情報が集まるようになるという。そのとっておきの裏ワザを公開する。

「誰が何を知っているかを把握しておこう」横浜コミュニティデザイン・ラボの杉浦裕樹が語る“黒子”の仕事術

業種や専門分野、世代の壁を超えて、多種多様な人々をつなぎながらプロジェクトを成功させるには、いったい何が求められるのか。横浜で次々と注目の地域プロジェクトを立ち上げる影の仕掛け人・杉浦裕樹が、ビジネスネットワークを活用する4つの“裏ワザ”を伝授する。

Step8

100万人が使う名刺アプリ「Eight」