Eight ユーザー事例

Eightの活用方法や利用シーンなどをインタビューさせていただきました。

『人と繋がりを持てる手段は複数持っておくのが健全』ジャーナリスト佐々木俊尚さんにEightの活用状況とプライバシーのあり方についてのご意見を伺いました。(前編)

sasakisan1-2.png


ジャーナリストでSNSの動向などに詳しい佐々木俊尚さん。Eightを半年前から利用してくださっていると聞きつけて、お話を伺ってきました。

『人と繋がりを持てる手段は複数持っておくのが健全』ジャーナリスト佐々木俊尚さんにEightの活用状況とプライバシーのあり方についてのご意見を伺いました。(前編)
お話しいただいた方:佐々木俊尚さん / ITジャーナリスト・作家 プロフィール

1961年、兵庫県西脇市生まれ。愛知県立岡崎高校卒、早稲田大政経学部政治学科中退。1988年、毎日新聞社入社。岐阜支局、中部報道部(名古屋)を経て、東京本社社会部。警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人や誘拐、ペルー日本大使公邸占拠事件やエジプト・ルクソール観光客虐殺事件などの海外テロ、オウム真理教事件などの取材に当たる。1999年にアスキーに移籍し、月刊アスキー編集部デスク。2003年に退職し、フリージャーナリストに。以降たったひとりで事務所も構えず、取材執筆活動に邁進している。杉並区住基ネット調査会議委員、情報ネットワーク法学会会員、朝日新聞社総合研究本部客員研究員、オーマイニュース編集委員、経済産業省情報大航海プロジェクト制度検討タスクフォース委員、成城大学文芸学部非常勤講師、早稲田大学政経大学院非常勤講師、東京大学大学院情報学環電通寄付講座「コミュニケーションダイナミクス」特任研究員。『「当事者」の時代』、『キュレーションの時代』『レイヤー化する世界』など多数の著書がある。

前編『人と繋がりを持てる手段は複数持っておくのが健全』
中編『弱い繋がりこそ大切にすべき』
後編『ネットとリアルがシームレスになる』



佐々木さんのEightの活用方法

 

Sansan・日比谷(以降、Sansan):近著『レイヤー化する世界』のなかで、様々な仕事が機械に奪われていると指摘し、名刺管理や請求書作成、経理などいった多くの事務作業が、インターネットの安価なサービスやスマートフォンアプリに奪われてきていると指摘していらっしゃいました。佐々木さんがEightを使っていらっしゃるのも、その一例ですね。

 

佐々木俊尚さん(以降佐々木さん):そうですね。私が今事務所も構えずに一人で仕事ができるのは、こういった技術があるからです。Eightは非常に便利に使っていますよ。スキャンスナップと連動して名刺を取り込むことができるので便利ですね。夜帰ってきたら、その日のうちにもらった名刺は全て取り込みます。

sasaki_Scansnap.png 

 

 

Sansan取り込む名刺の取捨選択はしますか?

 

佐々木さん:しないですね。全部取り込みます。人間の能力や時間をどこに使うべきかを突き詰めて考えているのですが、フィルタリング、情報の整理に時間をかけ、能力を使うのはくだらないと思っています。名刺だけではなく、取材などで得た情報も全て時系列にEvernoteにとりこんでいます。Evernoteは検索のヒントとして自分で決めた20個くらいタグをつけています。

 

SansanEightはラベル(タグ)の機能は使っていますか?

 

佐々木さん:Eightではラベル付けはしないです。プライベートで会う人と仕事で会う人とで人間関係を分けず、フラットに見ようと思っているので。野口悠紀雄先生の『「超」整理法』にもありましたが、ジャンル分けすると崩壊してしまうと思いますよ。名前か会社か名刺交換をした日か、何かしらは覚えているので検索できます。

 

名刺交換について佐々木さんが考えていること

Sansanもらった名刺は全て取り込むとおっしゃいましたが、セミナーなどで講師をなさったときに観客の方からもらう名刺も取り込むのですか?

 

佐々木さん:全て取り込みます。顔とお名前が一致しないこともありますが。大規模なセミナーでの名刺交換はもう少し変わっていってもいいのではないかと感じます。たとえば、講演後、講師の前に名刺交換のためにずらーっと観客が並ぶことがよくありますが、名刺交換の際にほとんど話すことがないんです。形骸化してしまっていますね。名刺交換の儀式をやらなくてはいけないと思っているかのよう。最初から「一人一枚ずつあげます」って言っちゃった方がいいのかなと思うくらい。笑

 

その点、若い人たちの集まりに参加すると、「私は最近こういうサービスを始めました」などと名刺交換時に積極的に話す人が多いです。そうなると、おもしろそうだなと思ったものは後で調べたりするので名刺交換が生きてくる。こういった名刺交換にした方がいいのではないかなと思います。

 

変形の名刺をEightに取り込むコツ

 

佐々木さん:ただ、そういった元気のいい若い人と名刺交換をすると、ちょっと困ることも。それは変形した名刺が多いこと! 冊子になっていたり、しおり風に紐がついていたり、小さすぎたり。スキャンスナップに入らないので、Eightに取り込むときに苦労します。笑

sasaki_card_holder.jpg


 

 

Sansanそこは実は工夫できますよ! 薄いプラスチックケースに挟んでスキャンスナップに通せば大丈夫です。


プライバシーのあり方とEight

佐々木さん:ところで、名刺サービスの「情報の公開」について、Eightはどう考えているのですか? これはEightだけの話ではなく、ソーシャルメディア全体に言えることだけれど。私は自宅で仕事をしているのですが、以前、自分の自宅住所がfacebookスポット「佐々木俊尚事務所」として公開されたことに気づいて驚いたことがあります。どうやら、うちで打ち合わせをすることになった人たちが、一人遅れてくる人のために非公開情報として登録したものらしいのだけれど、facebookスポットって、facebookページと同じ作りだから、一般に公開されてしまうんですよね。まあ、特に大きな問題はないけれど、政治的な発言もしているから若干微妙だなと思ったわけです。

 
sasakisan1-3.JPG

Sansanそこは、けっこう悩ましいところなのです。Eightはもちろん、名刺に載っている情報を広く公に発信しているわけではありません。でもEightを利用している人同士が名刺を登録すると、その情報はリンクされて情報を更新し続けます。またfacebookで友達になっている人やgmailで連絡を取り合っている人のなかにEight利用者がいれば、Eight上でリンクすることが可能です。Eightは基本的には「一度名刺交換した人だから、更新情報は送ったほうがいい」「Facebookやgmailで繋がりのある人も、すでにやり取りがある人同士なのだから、名刺交換をしたほうがいい」というスタンスです。会社員であれば問題はないのですが、たしかに個人で仕事をしている人などは気になるところかもしれませんね。

 

佐々木さん:個人情報の問題には正解はないですからね。公私の境界も曖昧になっていますし。プライバシーのうち、自己情報コントロール権(自分の個人情報を管理できる権利)を考えると、NTTがビッグデータの販売を始めたときに、オプトアウトを認めたように、Eightも一部オプトアウトを認めてもいいのではないでしょうか。最低限、手段だけは確保しておくといいでしょうね。

 

Sansanそうですね。検討します。

 

ソーシャルメディアとしてのEight

SansanEightの存在価値を議論すると、「Facebookで繋がれるからいいのではないか。もう名刺交換など古い」という意見が出ることがあります。佐々木さんはどうお考えですか?

 

佐々木さん:名刺はソーシャルメディアの構成要素の一つですよね。Facebookでつながっていれば連絡先はわかるけれど、全員がFacebookを使っているわけではありません。Twitterでもつながり、google+でもつながり、Facebookでもつながり、名刺でもつながる......「つながり」を確保する手段として、Eightの存在価値はあると思います。ソーシャルメディアの世界はまだ始まったばかり。あと20年後にfacebookが存在するかもわかりません。もしかしたら、今後さまざまなソーシャルメディアを統合するような巨大な「場」ができてくるかもしれない。いずれにしろ、不確定なことばかりです。そう考えると、今その議論をしていてもあまり意味はないかもしれないですね。

 

今のところはマルチプラットフォームで、人と繋がりをもてる手段を複数持っておくのが健全でしょう。facebookが突然何かの加減で使えなくなるということだってありえますし、ネットに自分の情報を置いていない人もたくさんいますから。

 

SansanEightの存在価値はあるという言葉、心強いです。ありがとうございます。次回は、Webマーケティングの動向や、佐々木さんが考えていらっしゃる人間関係観などをお聞きし、さらにはEightの今後について佐々木さんにご相談してみたいと思っております。よろしくお願いします。

 

 

【佐々木俊尚さんの人脈術まとめ(前編)】

・フィルタリング、情報の整理に時間と能力を費やすのはもったいないので、名刺は全てデータ化。

・プライベートで会う人と仕事で会う人とで人間関係を分けず、フラットに見ようと思っているためタグ付けは使用しない。

・時系列に情報を整理しているため、名刺は全てもらった日のうちにデータ化。

・    名刺交換をするときに、自分がやっていることをアピールすると、名刺交換が生きてくる。

・    人と繋がりをもてる手段は今のところはマルチプラットフォーム複数持っておくのが健全

 

 


 【書籍情報】

 『レイヤー化する世界 テクノロジーとの共犯関係が始まる』

book.jpg

 佐々木俊尚著

NHK出版新書

¥ 820+税

(2013-06-10) 

国民国家、民主主義の成り立ちを丁寧に解説し、インターネットの登場によって変化を遂げつつある世界を紹介した書籍。情報技術の革新は、メディアや産業の構造を根底から変え、超国籍企業を生んで労働と富のグローバル化を加速し、国ぐにの力を殺いています。そんななか個人もまた、生きかたの変容を迫られています。これからの世界はいったいどのようなものになり、どう考えていったら良いかの視座を変える書籍です。




前編『人と繋がりを持てる手段は複数持っておくのが健全』
中編『弱い繋がりこそ大切にすべき』
後編『ネットとリアルがシームレスになる』

 

名刺管理 Posted on 2013.11.19

関連記事

▲ このページの先頭へ戻る