Eight ユーザー事例

Eightの活用方法や利用シーンなどをインタビューさせていただきました。

『ネットとリアルがシームレスになる』ジャーナリスト佐々木俊尚さんに新しい人間関係観とSNSの今後について聞きました(後編)

sasaki_03_top.png


ジャーナリストでSNSの動向などに詳しい佐々木俊尚さん。Eightを半年前から利用してくださっていると聞きつけて、お話を伺ってきました。

『ネットとリアルがシームレスになる』ジャーナリスト佐々木俊尚さんに新しい人間関係観とSNSの今後について聞きました(後編)
お話しいただいた方:佐々木俊尚さん / ITジャーナリスト・作家 プロフィール

1961年、兵庫県西脇市生まれ。愛知県立岡崎高校卒、早稲田大政経学部政治学科中退。1988年、毎日新聞社入社。岐阜支局、中部報道部(名古屋)を経て、東京本社社会部。警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人や誘拐、ペルー日本大使公邸占拠事件やエジプト・ルクソール観光客虐殺事件などの海外テロ、オウム真理教事件などの取材に当たる。1999年にアスキーに移籍し、月刊アスキー編集部デスク。2003年に退職し、フリージャーナリストに。以降たったひとりで事務所も構えず、取材執筆活動に邁進している。杉並区住基ネット調査会議委員、情報ネットワーク法学会会員、朝日新聞社総合研究本部客員研究員、オーマイニュース編集委員、経済産業省情報大航海プロジェクト制度検討タスクフォース委員、成城大学文芸学部非常勤講師、早稲田大学政経大学院非常勤講師、東京大学大学院情報学環電通寄付講座「コミュニケーションダイナミクス」特任研究員。『「当事者」の時代』、『キュレーションの時代』『レイヤー化する世界』など多数の著書がある。

前編『人と繋がりを持てる手段は複数持っておくのが健全』
中編『弱い繋がりこそ大切にすべき』
後編『ネットとリアルがシームレスになる』




総透明化の時代がやってくる

 

sasakisan3-4.JPGSansan・日比谷(以降、Sansan):Eightを使っている方から、ときどき「名刺を複数持っているが、その名刺ごとにEightを管理したい」という声を聞きます。前回、佐々木さんが「現在のSNSの問題は『人間関係が1つしかないこと』ともおっしゃっていましたよね。自分自身の多面性についてはどうお考えですか。また Eightはどうなっていけば使いやすくなりそうでしょうか。

 

佐々木俊尚さん(以降佐々木さん):現在のSNSの問題が人間関係は1つしかないことだとはお話ししましたが、一方で自分自身を使い分けるというのは、今後どんどん難しくなっていくと考えています。だから、自分自身を使い分けることへの対策は、そう重きをおかなくてもいいのではないでしょうか。

 

これからの時代、あらゆることが透明化されてしまいます。たとえば、そのうち、ネット上で様々なものの紐付けが行なわれるようになるかもしれません。Amazonのレビュー、クックパッドのレビューと自分自身のブログ、twitterの発信などありとあらゆるものが自動的に紐付けられてしまうかもしれない。もしそうなったら、あちこちで人格を使い分けていてもばれてしまいますよね。以前、2chで個人情報が漏洩し、誰がどんな罵詈雑言を言ったのかが発覚して大問題になりました。そういったことが起こらないとも限りません。

 

そうなると結局、善人になるしか生き残れないんです。酔いつぶれて失敗したとか「ダメだけど人間だからしょうがないよね。バカだね」みたいな悪さは仕方ない。でも、人間として許せないような、人を貶めたりむやみにののしりまくったりするような人は生き抜けなくなる。こういった状況のなかで、いろんな側面のある個人として自分を見せていき、人間関係を構築することを考えていく方が良いのではないかと思います。

 

ネットとリアルがシームレスになる

Sansanネット上の人格と、リアルな世界の人格を使い分けていた人も今までは多かったですが、それも難しくなりますね。

 sasakisann3-3.JPG佐々木さん:そうですね。車を所有する個人がアプリを使って同乗者を募ることができる、相乗りサービスの「Lyft」や、世界中の人からweb上でやり取りをすることで部屋を借りたり自分の部屋を貸し出したりできるルームレンタルサービス「Airbnb」などは、facebookの過去投稿で人間性を確認して、個人間でおこなうやりとりでのトラブルを減らしています。

 

また、アメリカではネットで情報をシェアする文化が進んだ結果、猟奇的な事件が減ったという報告もありました。今までは州をまたいで逃げてしまうと逮捕しにくかったけれど、Googleで検索したり、facebookで投稿を確認したりすることが可能になった結果、逃げ切りにくくなったのでしょう。

 

こういった状況の中で、リアルとネットの境界が完全にシームレスになってきている。「ネットはネット。リアルはリアル」というマインドはなくなって、補完関係というか、連動する関係に変わってきています。名刺というリアルな出会いをベースにした繋がりも、SNSでの繋がりも、どちらも等しく価値がありますよね。

 

今後のSNSが進む方向性とEight

Sansanそうなると、Eightは変化するSNSの動向にキャッチアップしていく必要がありますね。

 

sasakisan3-5.jpg佐々木さん:そうですね。数年という短いスパンでSNSの動向は変わっていくでしょうから、予測して動くというよりも、動向をキャッチアップしていった方がいいでしょうね。ただ、SNSが今後、コンテクスト(文脈・前後関係)を重視した場になっていくのは間違いないと思います。今、この内容の書籍を執筆中なのですが、Googleがウェアラブルグラスを開発して「モノのインターネット化(*)」が進んだり、facebookがオープングラフを採用してfacebook外でのインターネット上の行動とfacebookを重ねようとしてきたり、ということが始まっています。

 

(*)モノのインターネット:パソコン、スマホなどの情報機器だけではなく、日用品・衣服・家電製品・自動車・建物設備などのさまざまな「モノ」に無線タグやセンサーを組み込んでインターネットに接続たり、相互にネットワーキングしたりすることで、飛躍的に効率性・利便性・持続可能性の高い社会を実現しようという考え方

 

これが進むと、どういうことが起こるか。たとえば、facebookのエッジランク・テクノロジーにリアル空間での行動が反映するということがその一例になります。具体的にいうと、街中のCD屋さんでAKBのCDを買ったら、facebook上でAKB好きの友達の投稿のエッジランクが高くなるといった具合です。

 

もっと進化すると、映画『マイノリティレポート』の世界になります。この映画では、トム・クルーズ演じるエリート捜査官が移動していると、トンネルの両脇にレクサスの広告がばーっと出てきます。今トンネルを通っている人がどんな人かが徹底的に調べられて広告が出てくるという世界なんです。

 

Sansanそれは恥ずかしいですね。たとえば、こっそりとネットで買っていた萌え系の商品の情報が反映されて、道を歩いていたら萌え系のコンテンツが自分の周りにばーっと出ちゃうという可能性もあるんですよね。笑

 

佐々木さん:そうですね。ソーシャルメディアによって自分がどういう人間かがわかるようになるので、ムダに飾る必要がなくなりますね。今までは着飾ることによって服をツールとして自己表現をしていたけれど、これからは、facebookなどに書けばいいんですから。自分が幸せだということを表現するためには、週末に家族でディズニーランドに行って写真を撮ってfacebookに投稿すればいい。笑

 

Sansan一方で、LINEの田端信太郎さんなどは「ソーシャルメディア=ジャズ喫茶理論」という話をしていました。ジャズ喫茶では聴きたい曲をリクエストしてかけてもらうわけですが、まったくアーティストや曲を知らないで行くと恥ずかしいから、ジャズの知識を仕込んでいきます。しかも、ちょっと通ぶるために背伸びしてマイナーな情報までがんばって仕込みます。で、最初はぎこちないんだけど、だんだん肩の力が抜けて自然体が一番ってことに気付くし、続けていくことで本当にジャズ通になれてしまう。ソーシャルメディアもそれと同じで、最初はリア充と呼ばれるような、ちょっと背伸びした「見られたい自分」を意識しながら投稿をする。で、中にはそれで疲れて離れてしまう人もいるけれど、力が抜けて素で楽しんでいる人が残っていくんですよね。もしかしたら、頑張ってfacebookに幸せな投稿をし続けると、それがだんだんと現実になってくるかもしれませんね。ちょっと自己啓発的な解釈ですけど。

 

佐々木さん:疲れそうですね。笑 いずれにしても結局は自分を磨いていくことになるのでしょうね。今は、インターネット、ソーシャルメディアの過渡期ですよね。おもしろくていい時代ですよ。こういったコンテクストの時代に合わせて、Eightが進化していくとおもしろいですね。

 

Sansanありがとうございます。Eightを切り口にここまで話が広がるとは思っていませんでした。貴重なお話、ありがとうございました!

 

 

【佐々木俊尚さんの人脈術まとめ(後編)】

・    ネット上の行動は全て見えてしまう世界に来ることを考えて行動する。

・    複数の人格を使い分けたり、リアルの人格と違う自分を過剰に演出したりせず、素の自分を高め、善人になる

 


 【書籍情報】

 『レイヤー化する世界 テクノロジーとの共犯関係が始まる』

book.jpg

 佐々木俊尚著

NHK出版新書

¥ 820+税

(2013-06-10) 

国民国家、民主主義の成り立ちを丁寧に解説し、インターネットの登場によって変化を遂げつつある世界を紹介した書籍。情報技術の革新は、メディアや産業の構造を根底から変え、超国籍企業を生んで労働と富のグローバル化を加速し、国ぐにの力を殺いています。そんななか個人もまた、生きかたの変容を迫られています。これからの世界はいったいどのようなものになり、どう考えていったら良いかの視座を変える書籍です。


前編『人と繋がりを持てる手段は複数持っておくのが健全』
中編『弱い繋がりこそ大切にすべき』
後編『ネットとリアルがシームレスになる』

 

名刺管理 Posted on 2013.12.03

関連記事

▲ このページの先頭へ戻る